全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

除毛クリームの正しい使い方ってどうするの?

除毛クリーム
当サイトは基本的には脱毛についての情報をお伝えしていきます。

そして、主には脱毛サロンについての情報をお伝えしていくサイトなのですが、人によっては今はまだ様々な事情により脱毛サロンには通えないという人もいるかと思います。


そうした事情を考慮して、自己処理はあまりお勧めできませんが、仕方なく自己処理を行う場合でも、極力安全に肌を傷つけないようにして頂きたいと思いますので、自己処理の情報もお伝えしています。


今回は、除毛クリームに関する情報をお届けしていきます。あなたも一度や二度は除毛クリームにお世話になったかもしれませんね。自己処理の方法についても色々な方法が選択肢があります。

脱毛クリームと除毛クリームの基本的な使い方!

その1つに脱毛クリーム、あるいは除毛クリームを使うという方法があります。


除毛クリームは、カミソリを使って自己処理する場合と比べると毛が生えてくるまでの期間が長いというメリットがあります。


でも、一番大切なのはその使い方です。


除毛クリームの使い方を誤ると使用した後、お肌は乾燥がひどくなったり、赤みやヒリヒリ感が出る場合もあります。


またカサカサで見た目も悪くなってしまいます。
では、除毛クリームはどのように使えばいいのでしょうか?


除毛クリームは一般的に毛のタンパク質を溶かす薬剤を使っているため、肌が弱い方は赤みなどの症状がでることがあります。


ですから使う前には必ずパッチテストをして下さい。
肌の状態や体調は毎日違います。

パッチテスト
それは朝起きた時に実感できますよね。


毎日同じリズムで生活していても体調がいい日があったり、原因は分からないけど何か体調が悪い日があったりと女性の体は日々変化しています。


一度使って赤みなど何の症状も出なかった除毛クリームでも、時によっては肌や体調の変化で肌トラブルが起こることがあります。


今まで使って特に変わった症状が出なかった場合でも、パッチテストは毎回行っていきたいものです。

パッチテストの正しい行い方は?

 

2016y05m26d_155944111次にパッチテストの行い方についてお伝えしていきますね。
除毛クリームを少量手にとって脱毛部位に数センチ塗布します。

製品に記載されている時間を計って放置してから拭き取って、水やぬるま湯で洗い流します。

24時間後の変化を見て、赤みやヒリヒリ感などのトラブルがなければ使っても大丈夫です。

 

この時点でもし赤みが出ていたり、ヒリヒリ感があった場合には、今その除毛クリームを使わない方がいいと言う信号が出ていることになりますので、直ちに使用を止めて下さい。


パッチテストがうまくいって使用する場合は、分量をきちんと守って塗布してください。多すぎてもダメですし、少なすぎてもダメです。記載されている分量を守って塗布してくださいね。


放置する時間等も書いてある通りの時間を守ってください。

放置し過ぎると肌の負担が増えて肌が乾燥する原因になります。場合によっては痛みや赤みがでます。


脱毛後は保湿クリームやローションで保護します。
保護しないと水分蒸発が進んで乾燥します。


乾燥を放置して脱毛を繰り返していると色素沈着が起こったり、赤みが出たりします。
以上、今回は除毛クリームの正しい使い方についてお伝えしました。


脱毛クリームを使ってもいい人ってどんな人?
■ムダ毛が濃くて悩んでいる女性
■簡単にムダ毛処理を行いたい女性
■カミソリや毛抜きで自己処理をしていて肌トラブルを起こした経験がある女性
■今すぐにムダ毛を何とかしたい女性
■忙しくてムダ毛処理に時間をかける事が出来ない女性


自己処理を行うという事は、これまでお伝えしてきたように非常に面倒なものです。
慣れるまでは時間もかかります。


そして何よりも肌を痛めるリスクが非常に高いのです。

yjimageせっかく時間をかけて自己処理をしても肌を傷つけてしまっては元も子もありません。



賢明なあなたならどちらを選びますか?

 

もし脱毛に興味があるならこちらをどうぞ!

 

 

 

当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ