全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

脱毛前のシェービングはこれで完璧! |脱毛前のシェービングで気を付けるべきポイントまとめ

2016y07m31d_141952577
脱毛サロンに通いだして、結構気を使うのが脱毛前のシェービングです。
これって意外とポイントなんですよね。


剃り残しがあれば「ここ、剃り残しがありますから避けて照射しますね~」と言われるサロンもあります。


またサロンによっては、照射はしてくれても別料金を取られる事も・・・
こうなると何か損をしたような気分になりますよね。


実際私がそうでしたからね。


きちんと毎月分割で支払いをしているのに、別料金を取られるなんて許せない・・・なんて思っていました。


でも、よくよく考えてみればちゃーんとシェービングしていない自分が悪いんですけどね。
サロンとの契約の際には、剃り残しがあれば別料金がかかると言うのは説明がありましたからね。


腹が立ってもどうしょうもない訳ですね。
そんな私自身の体験から、あなたに今回お伝えしていくのは、剃り残し対策です。


脱毛前のシェービングで気をつける事をまとめてみました。


ちゃーんと読んで、いざ脱毛に行った時に剃り残しがあって照射してもらえなかった、あるいは別料金を取られたなんて事がないようにしてくださいね。


私の経験から言わせていただくと、体の部位で剃り残しが起きやすい場所ってだいたい決まっているんですよ。


ですから、毎回同じ場所に剃り残しがあれば、その部分だけは永遠に施術してもらう事が出来なくていつまで経ってもムダ毛が残ってしまうという悲惨な状況になりかねません。


じゃ今から、「剃り残し」を作らないためのシェービングのやり方をお伝えしていきますね!

 

事前シェービングは三日かけるべし!


サロンに行く際は、事前に今日はどの部位を脱毛するかは決まっています。
ですから、事前シェービングは脱毛する部位は、くまなくシェービングしておく必要があります。


でも現実的には剃り残しが起こってしまいます。
ですから、それを防ぐために数日かけてシェービングするということ。


これ非常に大切なポイントです。
1日でシェービングしただけでは、どうしても剃り残してしまうこともあります。


自分では見づらいワキや脚の裏側、それから範囲が広い太ももやお腹なんかは、特に剃り残しが起こりやすいです。


じゃ数日に分けてシェービングするってどういう風にやるの?っていう質問が湧いてきますよね。

 

シェービングには数日かける!
具体的には三日に分けて行う事をオススメします。

 

■1日目:全体的にシェービングする
■2日目:剃り残しが無いかチェックして、剃り残した部位があれば再度シェービングを行う
■3日目:二回目の剃り残しのチェックを行う、剃り残しがあれば、あれば丁寧にシェービングを行う

 

このように三日かけてシェービングを行います。

3日もかければ、剃り残してしまうようなことはほぼありません! 


一見面倒にも思えますが、しっかり剃るのは1日目だけです。


2日目と3日目に関しては剃り残しがある部位だけをチェックしてさっとシェービングするだけなのでさほど時間はかかりません。

 

チェックポイント
「明かりを変えること」。要は見え方を変えること!

 

■たとえば、1日目は部屋の照明の下で剃ったとしたら、2日目は昼間、自然光でチェックする、というように、明るさを変えることによって昨日気づかなかったムダ毛に気づける、ということがあります。

また可能であれば女の兄弟や母親にチェックを頼むのも一つの方法です。

 

シェービングには電気シェーバーを使うべし!

2016y07m31d_150506530
シェービングするときに使っていただきたいのが電気シェーバー。
基本的には、女性用の、ボディ用シェーバーを使用します。


広範囲でもサクサクとシェービング出来るので最もオススメです。


ただ、3日に分けてシェービングするとして、2日目・3日目になると、別にボディ用のシェーバーでなくてもかまいません。


小範囲であれば、フェイス用のシェーバーを使った方が剃りやすいこともあります。


たとえば、手の指のように細かい部分や、ひざ裏・ワキのように自分では剃りにくいところは、小さな顔用シェーバーを使って、キレイに剃っていきましょう。


当然ながら、肌への刺激が強い除毛クリームの使用や、脱毛効果がなくなってしまうワックス脱毛や毛抜きでの処理はしないでくださいね! 


これは当サイトでも何回もお伝えしていますね
かならず、電気シェーバーを使って下さいね。

 

剃り残しやすい部分を把握すべし

剃り残しが起こる部位というのは、だいたい決まっています。
鏡の角度を変えて見ないと見えづらい部分など。


また人によって見落とす部分も多少の違いがあります。

剃り残しが多いのは以下の部位  ↓  ↓  ↓

ワキのくぼみ部分や背中に近いところ
ひざの裏
顔のフェイスライン
指毛
太ももの


自分が見落としやすいところは、早めに把握しておきましょう。


剃り残しが起こりやすいところを分かっていれば、その部分を念入りに見て剃るようになります。

 

視力が悪い人はメガネやコンタクトをつけてチェックすべし!

2016y07m31d_151336591
多くの女性は、浴室で、カミソリを使って剃っていますよ。
でも、浴室では裸眼なので、視力が悪ければ、かなり剃り残しが発生します。


コンタクトをしたまま入浴するという人でも、お風呂場の蒸気で見えにくいのは確かです。
かと言って、部屋で、メガネをかけた状態で剃るのもおすすめできません。


剃り残しやすいところって、どうして剃り残すのかというと、「見えにくいから」なんですよね。


眼鏡だと、視界の端の方は見えにくいので、どうしても剃り残しが起こってしまいます(ワキの奥の方など)。


視力が悪い人は、メガネではなくコンタクト着用時にシェービングをするようにすると、かなり剃り残しを防ぐことができるでしょう。


いかがですか? あなたも、脱毛前のシェービングをするときには以上のことに気を付けて、万全の状態で脱毛の施術が受けられるようにしましょう!

 

 

sheving

 

当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ