全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

脱毛サロンでの契約のトラブルをどう乗り切るか?

知っておきたいクーリングオフ制度
今回は脱毛サロンでの契約トラブルに関するお話をしていきます。


契約時または、契約後に不明瞭な契約のせいで様々なトラブルに巻き込まれてしまうなど、実際には多く存在するようです。

 

一つの例として、20万円のワキ脱毛をあなたがAという脱毛サロンで契約したとします。

 

その後、ネットで検索していると他のサロンで全く同じプランで三万円で契約出来ると知ったらどうしますか?

 

大抵の場合は、先に契約した20万円のワキ脱毛の契約を解除して、新たに見つけた三万円の施術出来るサロンと契約したいと思いますね。



そういう場合に是非とも知っておきたい制度がクーリングオフ制度です。次章から詳しくお伝えしていきますね。

 

 

 日本にはクーリングオフという消費者にとって便利な制度があります。

その契約は無効に出来ます

これは契約から8日以内であれば、このクーリングオフという制度が適用され、先に結んだ契約は解除する事が出来るという制度です。

 

もう一度繰り返しますが、これは契約を結んでから8日以内であれば、契約を解除出来るという制度なんです。

 

ですから、契約を結んでからすぐにこの制度を活用すれば何の問題もなく契約は解除することが出来る訳ですね。

 

 

 契約してから8日以上経過していた場合の対処は?

クーリングオフ制度

この場合は、契約した全額を返金してもらうことは難しいと思った方がいいでしょう。
また契約解除の方法もサロンによって様々です。

 

本社へ直接書類を送付する、あるいは電話連絡をして事情を説明するなどの処置を自分で行う必要が生じます。

 

あくまでも自己都合による契約解除という扱いになりますので、契約金の一部しか返金されないという事になります。

 

返金される金額も各サロンによって決まっています。

 

返金される金額を知りたい場合は、契約書の控えに返金額の計算方法が記載されているはずですので、確認しておくといいですね。

 

またサロンによっては、契約の解除を認めない場合もあるかと思います。

 

この場合は、特定商取引法違反という法律違反になる為、消費者センターに連絡をして相談されることをオススメします。

 

今回は分かりやすく説明する為に、ワキ脱毛の施術がAサロンでは20万円、そしてBサロンでは三万円という極端な値段設定にしています。

 

しかし、現実的に考えるとワキ脱毛というプランでここまで差が開く事はあまり考えられません。

 

使われている脱毛器の性能、脱毛の効果、通える回数、アフターケアなどかなりのサービスの違いがあるはずです。

 

こういう辺りをしっかり見極めた上で、解約をするのかどうかを決められるといいと思います。

 

いずれにしても脱毛の契約をする場合は、細部に至るまでよーく確認した上で本当に今の自分が求めているサービスなのかを検討した上で契約される事をオススメします。

 

 

当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ