全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

脱毛のための紫外線対策、欠かすことが出来ないアイテムを揃える!

脱毛サロンに通うなら、紫外線対策はどうしても必須になります。


特に夏から脱毛サロンに通う女性にとっては、必ずしなければいけないルーチンワークになります。


せっかくサロンに通っていても日焼けしてしまうと、施術してもらえない事もあります。


効率的に、かつ計画的に脱毛する為にも、しっかり紫外線対策の為のアイテムを揃えていきましょう!


今回は、普段あまり紫外線対策をしていないと言うあなたの為に、私が普段から愛用しているアイテムをご紹介していきますね。


詳しい紫外線対策の方法についてはこちらをご覧ください。
脱毛効果を高める紫外線対策のやり方とは?

 

私が実際に愛用している紫外線対策グッズ一覧

これから必要になる紫外線対策グッズと、その価格、選び方のポイントなどをお伝えしていきます。


・日焼け止めクリーム

クリームじゃなくても、リキッドタイプやジェルタイプのモノでも結構です。


要は日焼け止めを防ぐアイテムとご理解下さいね。


通勤や通学用で使うのであれば、SPF15~30、PA++程度で十分です。


これからの季節だと海水浴やドライブなど、紫外線を浴びる時間が長い一日で出てきますが、そんな時でも普段使っている日焼け止めをこまめに塗ってあげれば大丈夫です。


もし日焼けしてしまうのではないかと不安な人はSPF50、PA++++を選んでください。


ここからは価格に関する事をお伝えしていきます。
まず顔用です。


化粧下地も兼ねる事が出来るので、少し値段は張りますが4,000円程度の価格帯のモノは使いたい所です。


普段メイクをしない女性であれば、メイクと日焼け止めとの相性は考えなくてもいいので、1,000円程度のものでも構いません。


次にボディ用です。


ボディ用は、顔ほど神経質になることはないと思います。


700円ぐらいのものでも十分です。
市販のドラッグストアで済ませるのであれば定番のビオレやニベアでいいと思います。


もうボディももう少し保湿を考えてケアするのであれば、通販でご自分に合う化粧品を探してみて下さいね。


UVファンデーション

近い将来、顔脱毛を考えているなら、ファンデーション・フェイスパウダーにも気を使ってみてください。


「こまめに日焼け止めを塗り直すべき」と言っても、顔だけは、一度メイクを全部落として下地からやりなおすなんてできないです。


そういう場合は、フェイスパウダーで対処するのが無理がなく、オススメの方法です!


この場合も4,000円前後のものから選ぶと失敗が少ないです。


トイレに行くたびにパタパタとメイク直ししておけば、顔の紫外線対策はバッチリです!


帽子(キャップ、ハット)

顔~首の紫外線対策に必須のアイテムになります。


UVカットのものでなくても、帽子って基本的に生地が厚いのでさほど気にしなくてかまいません。


予算を少しでも減らすのであれば、100均で売っているようなシンプルなキャップでも大丈夫。


とは言え、オシャレに気を使う若い女性であれば、お気に入りのデザインじゃないと洋服とも合わせずらいし、かぶるのが億劫になってしまうので少々お値段が張ってもお気に入りのものを選ぶのがコツです。


もちろん、形はつばの広いものがおすすめ。


つばが広いほど、紫外線をガードできる範囲が増えるからです。


また、見た目には暑苦しくても、ダーク系の色の方がオススメです。


黒は紫外線を「吸収」しますが、白っぽい色だと紫外線を「跳ね返して」しまうので、跳ね返された紫外線が顔や首などに当たります。


また、髪の毛は多少紫外線によりダメージを受けますが、肌さえ守れればいい、という方ならサンバイザーでもOKです。


日傘

日傘があれば、上半身をほぼカバー出来ます。
日傘も、帽子と同様にダークカラーの方がおすすめ。


紫外線対策のために、「内側が黒で外側が白」みたいな商品もあります。


これなら、見た目は明るく、内側に入ってきた紫外線は日傘に吸収っできていいですね。


日傘の場合は、生地も薄いので、UVカットのものを選ぶようにしてください。


「紫外線カット率」とか「紫外線透過率」が書かれているものを見てから購入してくださいね。


薄手の上着、アームカバー

これらのアイテムは主に上半身、特に腕を守ります。
若い人だと特に、春から夏、秋ぐらいまで半袖で過ごしている人も多いと思います。


しかし、腕の脱毛をするなら必ず長袖の上着は着たいですね。


夏でも羽織れるような薄手のパーカーと薄手のカーディガンがあれば、たいていのファッションに対応できると思います。
UVカット素材のものを選んでくださいね。


アームカバーもUVカット素材のものを選びましょう。


ロングタイプにしないと二の腕が日焼けしますので、ショートではなくロングを選びましょう!


レギンス、タイツ

生脚を出していると、当然日焼けしてしまいます。


脚の脱毛をするなら、丈の短いスカートやショートパンツを履くときにはレギンスやタイツで脚をガードしてください。


この場合も、もちろんUVカット素材のものにしましょぅ。


また、どうしても生脚で勝負したい日には、ストッキングでもOKです。


ストッキングでもUVカットのものはあります。
生脚に見えるぐらいのストッキングを選びましょう。

 

曇りの日でも、春でも秋でも紫外線対策は必要

暖かい季節になると、ドラッグストアには日焼け止めがずらっと並ぶようになります。


でも、現実問題としてドラッグストアの商品揃えで紫外線対策アイテムを購入していては遅いです。


体に関しては、長袖を着ていれば紫外線は防止出来ますが、顔は一年中無防備ですので常に何らかの対策が必要です。


紫外線は夏しか来ないのではありません。
紫外線は1年中地表に降り注いでいます。


という事は、脱毛を志す私たちは1年中紫外線対策が必要だと言うことです。


また紫外線が降り注ぐのは晴れの日だけではありません。
曇りや雨の日でも、紫外線は降り注いでいます。


晴れの日に比べて曇や雨の日は紫外線の量が減るだけです。
そのため、晴れの日ほど万全にする必要はありませんが、紫外線対策は継続していきましょう!


また屋内にいても注意が必要です。


ですから、電車通勤や電車通学している女性は、窓からの紫外線にも注意が必要なんです。


窓が閉まっていても、窓を透過して入ってくる紫外線もあります。


窓にUVカットフィルムを貼ったり、窓から遠いところに座るようにするなどして、日中はどこにいても紫外線対策を怠らないようにしてくださいね!


ここまで紫外線に対して、色々な観点から見てきました。
紫外線1つに注目しても、あらゆる場面を想定して対策をしていかないといけません。


結構、面倒なものです。


でも、面倒な事を面倒だと思わなくする方法があります。
それが習慣化です。


例えば、毎日の歯磨き。
大抵の方は朝起きると、朝食の前後に歯を磨くと思います。


これって、多くの方が習慣化しています。


習慣化しているという事は体が自然に反応して動くという事ですね。


体が自然に動くので、面倒だとも何とも感じない訳です。


して当たり前になっているんですね。


紫外線対策も、毎日の歯磨きのレベルまで落とし込む事が出来れば大成功です。


ずっと続けて行くことが出来ます。


このレベルまで落とし込んで行動していけるように頑張っていきましょう!



当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ