全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

脱毛する時に知っておきたい美白化粧品の働きと役割!

美白化粧品の働きと役割

脱毛するなら知っておくべき「美白化粧品」の成分の特徴や働き

今回お伝えしたい事は、脱毛と美白の関係についてです。えっ?美白と脱毛って何の関係があるの?ってあなたは思うはずです。でも、この両者は互いに密接な関係があります。


ですから、あなたが理想とする脱毛をするなら、美白は欠かせないんですね。ここでは、まず美白に対する知識をしっかりと持って欲しいと思います。


女性なら一度や二度は美白化粧品を使った事があると思います。やはり肌を白くするには、美白化粧品を使うのが手っ取り早いと考えるのが普通だからです。


そこで、美白化粧品の特徴についてお伝えしていきます。

 

美白化粧品では肌は白くならない!

美白化粧品を使えば、肌が白くなっていくと考えている人は多いです。
でも、美白化粧品を使っているからと言って、肌が白くなるわけではありません!


美白化粧品には「美白成分」が含まれているので肌が白くなっていくと考えるのが普通です。
でも、これって認識が間違っているんですよね。


「美白」というのは、「メラニン色素の生成を防ぐ」、「シミ・そばかすが出来るのを防ぐ」という意味で使われています。


という事は、今あるシミやそばかすを消すという意味ではないと言う事なんです。これはある意味では、化粧品の限界だと言えます。


何故なら、化粧品は薬事法の制約を受けているんです。医薬品でない以上は、治るとか治療が出来るという表記が出来ない訳ですね。


ですから、「美白」と言う言葉を使う場合も、注意書きとして「メラニン色素の生成を抑える」と言う本来の意味を正しく書く事が求められるんです。


こうした制限を受けない為に、美白という言葉を使わずに、ホワイトニングあるいはブライトニングという英語表記をしてお茶を濁しているんですね。


ですから、美白化粧品を使ったから、肌が白くなる訳ではないんです。この事はしっかり覚えておいて欲しいと思います。

 

美白成分の働きは二種類


美白成分で良く知られている成分としては、アルブチン、ビタミンC誘導体、プラセンタなどがあります。その他にも美白成分はいくつかあります。しかし、美白成分の働きは二種類に分類されます。


1つは、「これからできるシミやそばかすを予防する」という働きです。メラニン色素の生成を抑えたり、メラニン色素の沈着を抑えたりする働きにより、シミ・そばかすを予防します。


もう1つは、「すでにあるシミ・そばかすを薄くする」という働きです。


メラニン色素を還元することによって薄くしたり、もしくは漂白することによって今あるシミ・そばかすを薄くしていきます。


もちろん予防も大切ではありますが、多くの女性にとっては、「今あるシミ・そばかすを薄くする」ということの方が切実な問題ではないでしょうか?


25歳をすぎると、誰でもシミの一つや二つはあります。でも、女性にとってシミは大きな敵。出来れば消したいと思っています。

 

美白成分の役割は二つ
・これから出来るシミやソバカスを予防する
・今あるシミやそばかすを薄くする

 

美白成分の選び方

脱毛しながら美白するなら、まずは自分の肌質を把握した上で、化粧品を選んでいきましょう!


では、以下に主な美白成分の働きをご紹介していきます。


◎アルブチン【予防×改善】


αアルブチンとβアルブチンの2種類がありますが、βアルブチンの方がおすすめです。
ハイドロキノンと同じ漂白作用があるわりに肌への負担が少ないのも特徴です。


◎エラグ酸【予防】

安全性が高く肌に優しい美白成分。予防効果も高いです。


◎カモミラGT【予防】

花王が開発した成分で、高い予防効果を持ちます。


◎コウジ酸【予防】

高い予防効果を持っています。


◎t-AMCHA(シクロアミノ酸誘導体)【予防】

肌なじみが良く浸透しやすい美白成分です。


◎トラネキサム酸【予防】

メラニン色素の生成や、炎症を抑える働きを持ちます。
シミの中でも、肝斑に対しては改善する効果もあります。


◎ハイドロキノン【予防×改善】

「肌の漂白剤」と言われるほどの美白効果があります。
皮膚科などで処方される他、最近では安定型ハイドロキノン配合の化粧品は市販されるようになっています。


◎ビタミンC誘導体【予防×改善】

予防と改善の2つの効果を併せ持つ頼もしい成分。
ただ、肌への刺激が強めで肌が乾燥しやすいので、敏感肌の人・乾燥肌の人は様子を見ながら使用してください。


◎プラセンタ【予防】

保湿力も持っている美白成分。
乾燥肌の人にはおすすめです。


◎リノール酸S【予防】

高い予防効果を持っています。


◎ルシノール【予防】

POLAが開発した美白成分で、肌へ浸透しやすい成分です。

 

脱毛するなら美白と保湿は欠かせない!

脱毛の効果は、肌の状態によってかなり左右されます。
脱毛効果を十分に感じたいのであれば、保湿も重視しながら美白にも力を入れていきましょう!


これまでご紹介した通り、美白成分にはいくつもの種類がありそれぞれの働きも違います。


また、肌への刺激が強く敏感肌の人だと注意した方がいい成分もありますので、美白化粧品を選ぶ時の参考にして欲しいと思います。


美白成分に含まれる有効成分は、化粧品のパッケージに必ず記載されています。お店で選ぶときには必ず成分表示を確認して下さい。


もし、通販で購入されるなら、こちらも含まれる成分の特徴を理解した上で化粧品を選ぶようにしてみましょう。

 

 

 

 

 

当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ