全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

脱毛するなら知っておきたい色素沈着の知識とリスク管理!

脱毛するなら知っておいた方がいい知識があります。
その事を今回はお伝えしていこうと思います。


それは脱毛の施術を受ける色素沈着を起こす可能性があるという点です。


普段から顔のお手入れを行っている女性の方であれば、色素沈着という言葉は聞いたことがあると思います。


フェイス部分にも当然色素沈着を起こす可能性はあるのですが、体の肌にも色素沈着を起こす可能性があります。


この事はあまり知られていない事実なのですが、この記事でじっくりとお伝えしていきます。

 

脱毛の施術を受けると、色素沈着を起こす場合がある!

まずは色素沈着とは何かについてご説明します。

色素沈着とは、肌にメラニン色素が染みついてしまう現象のことで、いわゆる「シミ」と言われるものです。


体の部分でご説明しますと、紫外線によって顔に出来るシミや、自己処理のし過ぎによって出来るワキの黒ずみ、下着の締め付け摩擦によってできるVラインの黒ずみなどがこれに当たります。

 

これら全てが色素沈着と言えるんですね。
じゃ、何故脱毛すると色素沈着が起こるの?って疑問が湧きませんか?


その疑問に関してお応えしていきますね。


脱毛は、メラニン色素に反応するレーザー光を当てることによって、毛根にダメージを与えていきます。


このとき、肌のメラニンが過剰に反応し、そのメラニン色素が皮膚に染みつきます。


この状態が色素沈着を起こしてしいる状態なのです。


脱毛にはほとんどリスクがありませんが、硬化毛や多毛症、といったリスクは最近少しずつ知られるようになってきました。

※硬化毛や多毛症に関しては別にお伝えしていきます。


はっきり申し上げて硬化毛や多毛症が起こるリスクはごく稀です。


それよりも、色素沈着を起こす確率の方がはるかに高いと言われています。

 

脱毛の施術前に行う色素沈着を防ぐ対策

色素沈着が起こる原因は、突き詰めると肌への「刺激」です。
紫外線による肌への刺激や、自己処理による肌への刺激、下着を履いた事による肌への摩擦などによる刺激です。



これ以外に考えられるのは、肌が痒くて掻きむしった跡も、色素沈着として残ってしまうことがあります。


アトピー症などの肌疾患をお持ちの方であれば、経験した事があるかもしれませんね。


同じように、脱毛時の脱毛器の照射が刺激になり、色素沈着を起こしてしまうことがあります。


脱毛の照射による刺激自体は、自分でコントロール不能です。
照射されている時間帯は、あなたは全く無防備の状態です。


自分の体を担当にエステシャンに任せるしかない訳ですね。
でも、脱毛の施術を受ける迄に、自分で出来る対応策があります。
これをしっかり行えば、色素沈着を防ぐことは可能です。



一つは、紫外線に当たらないことです。
特に、脱毛直後は紫外線を徹底的に避けてください。


脱毛後に紫外線を浴びることによって、色素沈着が起こりやすくなります。
脱毛当日だけでなく、普段からなるべく紫外線を避けることが大切です。


もう一つは、掻かないことです。


脱毛したあとは、肌が火照って痒みを感じやすくなります。
でも、かゆいからと言って掻きむしってしまうと、色素沈着ができやすくなります。


痒みは我慢することが大切です。
どうしても我慢出来なければ、痒み止めなどの皮膚薬を使うのも一つの方法です。

・自分で出来る対策は紫外線に当たらないように注意すること。

・痒みが出た場合は我慢するか、皮膚薬を遣う

この二つの対処が考えられます。

 

色素沈着が出来てしまった場合の対処法

色素沈着が出来てしまった場合でも、ほとんどの場合は治ります。
安心してくださいね。


脱毛の施術に伴う色素沈着は、一時的なものがほとんどです。
多少の時間はかかりますが、肌のターンオーバーと共に色素が剥がれ落ちていきます。


ただ、この場合はしっかりとお肌のケアが必要になります。


お肌のケアがしっかり出来ていないと、そのまま色素沈着が残ってしまうので、特に保湿は、しっかりこまめに行いましょう!


自分に合った保湿ローションなどを毎日使い、しっかり保湿を行う習慣作りを行って下さいね。


また、色素沈着は、治療することが可能です。


自分で出来る対象法としては、ビタミン剤を服用する、ハイドロキノンクリームを塗る、ビタミンCのローションを使うなどの対処があります。


いずれも皮膚科クリニックに行けで処方してもらえます。
また、色素沈着はレーザー治療も可能です。


クリニックで脱毛している場合は、通っているクリニックで治療を受けることもできますし、別のクリニックを受診しても構いません。


脱毛のリスクの1つである「色素沈着」は、正しく対処しないとず~っと跡が残ります。


色素沈着は比較的、肌が乾燥しやすい部位に出来ますので、普段から保湿を徹底するなど、予防にもしっかり力を入れて欲しいと思います。

 

 

 

当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ