全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

知っておきたいVIO脱毛の基礎知識♪

 

デリケートゾーン正しい知識が必要

ムダ毛が濃くて悩んでいる女性は意外と多いものです。
アンダーヘアも同様です。

 

アンダーヘアが濃くて、友人と一緒に旅行しても一緒にはお風呂には入りたくないという、あるいは入らないという若い女性も多いとか!

 

あまり濃いと人目も気になるし、嫌ですよね。
アンダーヘアが濃く悩んでいる女性は意外と多くおられるようです。

 

脱毛の先進国アメリカではアンダーヘアの脱毛は常識と言われており「女性の身だしなみの一つ」として認識されています。

 

 雑誌などで見かける「ハイジーナ」ってなんの事なの?

 

アメリカではアンダーヘアを全て処理した状態と「ハイジニーナ」と呼び「高い衛生状態」を意味する言葉が使われています。


何か名前だけ聞いてもカッコイイーという気がしてきますね。

2016y07m31d_210642202

こうした風潮があるアメリカですが、日本でもモデルや芸能人達がアンダーヘアの処理を始めて、その事をメディアで報告することが増えています。

 

こうした情報には女性は敏感です。
少し前から日本でもハイジーナにする女性が徐々に増えてきています。


ただ、アメリカほど普及はしていませんけどね。
さて、前置きはこれくらいにして今回のテーマであるVIO脱毛のお話をしていきますね。

 

この部分の脱毛ですが、Vライン以外のIラインOラインは自己処理が難しい場所ですので脱毛サロンやクリニックでのレーザー脱毛をするのが普通になっています。

 

Vラインはビキニや下着のラインにそってデザインした形に脱毛することが可能です。
要は自分の好きなように脱毛をデザインする事が出来る訳ですね。

 

金額を調べてみると平均的な脱毛サロンでは5万円前後、医療レーザー脱毛では10万円前後のクリニックが多いようです。

 

VIOラインは非常にデリケートな部分なので痛みは他の部分よりもかなり強く感じます。

 

施術範囲としてはそれほど広くはないのですが、入り組んだ形状なので少し特殊な脱毛になるので他の部位よりは施術時間はかかります。

 

ですから、ある意味痛みとの戦いでもありますね。

 

脱毛サロンのフラッシュ式脱毛は痛みがない脱毛方法ですが、VIOライン脱毛に関しては、それなりの痛みがありますので、VIO脱毛に踏み切る場合はそれなりの覚悟を持っておいて下さいね。

 

期間はやはり他の部位と同じで毛周期に合わせて脱毛していきますので、2か月に一度の施術を3回、半年間行い1サイクルを終了するというサイクルになります。

 

脱毛サロンを選択した場合は医療脱毛と比べると痛みも軽く費用も安く済みますが、何度も痛い思いをしたくなければ医療用レーザー脱毛で半永久的に脱毛してしまうという方法を選択するのも一つの方法だと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ