全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

皮膚に電熱が伝わらない絶縁針脱毛って何?

ニードル脱毛

今回は脱毛通の間で話題になっている絶縁針脱毛についてお話をしていきます。

 
脱毛についてかなりの知識をもっている貴方は、すでにご存じだと思いますが、脱毛サロンで行う脱毛は永久脱毛ではないという事を・・・。

 

 永久脱毛と言えば、ニードル脱毛だった・・・

 
もともと永久脱毛といえば、針脱毛の事を意味していました。

 
針脱毛は別名ニードル脱毛ともいいますが、2016y05m05d_133630296メリットも確かにあるのですが、毛穴一本一本に対して一本の針を刺して、そこに電流を流す訳ですから、脱毛が完了するまでにかなりの時間がかかること、そして何よりも痛みがかなり生じるという事。

 

痛みに弱い女性には敬遠されていた針脱毛でした。
ところが、時代の変化と共に絶縁針脱毛という画期的な脱毛法が生まれました。

 
この最新の医療技術を取り入れている脱毛クリニックでは、皮膚に電気熱が伝わらないように開発された 絶縁針で安全&確実な針脱毛を行っています。

 
ここで少しだけ針脱毛の歴史について振り返ってみたいと思うのですが、針脱毛の歴史は古く120年前に始まったと言われています。

 
もともとは、逆さまつげを抜く方法として始まり、日本で本格的に取り入れられたのは1960年あたりからです。

 
日本で針脱毛を取り入れたのは皮膚科や形成外科で、針に電気を通す事で脱毛を行う電気針脱毛を行うようになりました。


1980年代にはエステティックサロンでも電気針脱毛を行うようになり、広く知られるようになりました。

 
この電気針脱毛は、通電した針が皮膚と接触するために、非常に強い痛みがともなったり、やけどや色素沈着を起こしやすいという欠点がありました。


この欠点を克服し、絶縁針脱毛が生まれました。


この脱毛法は、毛の発生源を正確に電気熱で処理し、皮膚表面にやけど跡などを残さないようにすることに重点を置いて開発されました。

 
各部位の毛質と成長期の毛根の深さに合わせて、最も効果的な太さと長さの針(小林式絶縁針)を作りました。毛根の深さと、その深さに合わせて効果的な脱毛を行うため、絶縁針の種類は20種類にも及びます。

 
皮膚に接する部分を絶縁することで、皮膚に電気熱が伝わらないので、通常のレーザー脱毛では脱毛しづらい部位や日焼けした肌でも、安全で確実な脱毛ができるようになりました。

 
脱毛サロンの脱毛を一度でも経験され、せっかく脱毛してもまたムダ毛が生えてきて、事故処理をしないといけなくなり、その煩わしさから完全に開放されたい女性の最終到達地点が永久脱毛と言えます。

 
しかも、痛みがなく日焼けした肌でも脱毛出来るという事であれば、どの季節からでも脱毛が始めることが出来ます。


最近ではこの絶縁針を用いて、重度のニキビ治療も行われる
ようになったということです。医学の進歩は本当に目覚ましいものがあります。

 

2016y05m07d_223235715

 
さて、あなたは脱毛サロンか、最新の絶縁針脱毛、どちらを選びますか?

 

 

 

 

 

 

当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ