全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

最低限知っておきたい毛の生える周期!!

毛周期
自己処理って面倒くさいですが、自分のワキや膝下のムダ毛を見ながら剃毛したり脱毛器を使ってツルツルな状態にしていくと何となく爽快感がありますね。

 

面倒だけど、やった後は嬉しい気持ちにもなり、気分もスッキリします。
特に高価な脱毛器を購入して自己処理をしている女性にしてみれば嬉しいものです。

 

でも、ここで知っておきたいのが毛が生える周期です。
専門的な言葉で毛周期なんて言う言葉を使う場合もあります。

 

「毛周期」の正しい知識があるかないかで、脱毛の種類や期間に対する理解度が変わってきます。

 

脱毛を考える上で、正しい知識を持っていた方が、あなた自身が納得のいく脱毛方法を選ぶことが出来ますので是非知っておいて下さい。

 

まず知っておきたいのは・・・
「毛はどんどん生えかわっている」ということです。

 

毛はずっと生えているように思いますが、実は二ヶ月~四ヶ月周囲でどんどん生まれ変わっています。
古い毛が抜けて新しい毛が生えていっている、そういうサイクルを持っているということです。

 

毛は一人の人間の中におおよそ100万本~150万本ありますが、その中の約3分の2が皮膚の中に隠れています。

 

そう考えると「ムダ毛」と呼ばれている表面に現れている毛は、全体の3分の1に過ぎないのです。

 

ですから、表面に見えている毛をいくら処理しても、次から次へとムダ毛は生えてきますから、ムダ毛を根本的になくしたいと思うのであれば、毛抜きやカミソリなどの自己処理ではなく、毛の周期をきちんと理解したうえで脱毛サロンなどのプロに施術をしてもらった方が確実にムダ毛がなくなっていくのです。

 

以前の記事にも書いたことがありますが、過度な自己処理は肌荒れや埋没毛の原因にもなります。

 

ここで毛周期に関する説明をしておきます。

 

毛の生えるサイクルは大きく
「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」の3つにわけられます。

 

<成長期> 毛根から毛が栄養をもらって伸びている時期。
yajirusi

<退行期> 栄養がもらえなくなって抜けるのを待っている時期。
yajirusi

<休止期> 毛が抜けてしまって毛穴だけになっている時期。

 

この毛周期を知った上で、専門サロンではどういう周期で脱毛を行っているのか?
という事ですが、3つの周期のうち、「成長期」の毛の毛根にダメージを与えて脱毛していきます。

 

ダメージを受けた毛根は、毛に栄養を送ることができなくなるため、毛が自然と抜けていきます。

 

でも、退行期や休止期の毛の毛根には、レーザー脱毛や光脱毛でダメージを与えることができないので、ダメージを受けていない毛根から、また毛が生えてきます。

 

そこでまたレーザー脱毛や光脱毛によって、毛根にダメージを与えます。

 

それを繰り返すことによってだんだんと、栄養を与えることのできる毛根が少なくなり、ムダ毛が生えてこなくなります。

 

レーザー脱毛や光脱毛のどこがいいのかという事ですが、それは毛根そのものに直接ダメージを与える事が出来るという点です。
2016y05m11d_191931501


反面、カミソリや毛抜き、ローラー脱毛や脱毛テープによる自己処理では、毛根自体にダメージを与えることはできません。

 

一度は表面的に毛が見えなくなったとしても毛根は元気なまま残っているので、また次々と毛に栄養を送ります。

 

自己処理を続けても、ムダ毛が減らないのはこのためです。

自己処理で何故ムダ毛が減らないのか?
■毛根自体に直接ダメージを与える事が出来ない♪
■表面的にムダ毛減っても、毛根は元気なので次々とまたムダ毛が生えてくる

 

自己処理はかなりの労力が必要です。

 

でも、労多くして効果少なしという方法なのですね。

 

その事を知った上で自己処理を行うのはいいと思いますが、自己処理の煩わしさから解放されたいと思うなら、やはり脱毛サロンがオススメです。

 

当サイトでオススメしているサロンの特徴はこちらから

 

 

 

当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ