全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

日々の食生活ってどれくらいムダ毛に影響しているの?

毎日の食生活はすごく大切!
日々の栄養バランスがムダ毛にも影響しますよ♪


突然ですが、「医食同源」という言葉をご存知ですか?

 

これは中国から由来している言葉で、日々の食生活がいかに大切であるかを端的に言い表している表現です。

 

病気になるにも、ならないのも日々の食生活がとても大切であると言う事ですね。


そして、この事は女性がとても気になるムダ毛にも大きく影響しているんです。

 

以前に、ムダ毛は遺伝と大きく関係があるというお話をしました。


もちろん、遺伝的な要素も強いのですが、それ以上に大切なのは毎日の食卓で食べる食事にもかなり影響があるんです。

 

もし、知らない間にムダ毛が増えるような食材を使った食べ物を食べていると、いくら脱毛していてもムダ毛の経る率は遅いということにもなります。

 

ということで、今回は食生活がムダ毛にどのように影響を与えているかというお話を順を追ってしていきます。

 

アンバランスな食生活は女性ホルモンの敵?|女性ホルモンが減るって本当なの?

人間社会には基本的には男性と女性しかいませんね。
そして当たり前の話ですが、男性の方が体毛が濃いのが普通です。

 

これって不思議に感じたことはありませんか?
何故、男性の方が女性よりも体毛が濃いのか?
そしてムダ毛も濃いのか?

 

体毛やムダ毛が濃い原因は、ホルモンの影響によるものです。


男性の場合は、男性ホルモンが多く、女性の場合は女性ホルモンが多いのが普通です。


ただ、女性であっても男性ホルモンは分泌されますし、男性であっても女性ホルモンは分泌されています。

 

要は、人間であれば誰でも男性ホルモンと女性ホルモンの両方が分泌されています。

 

健康な女性の場合は、男性ホルモンが少なくて、女性ホルモンが圧倒的に多く分泌されます。
男性であれば、この逆ということになります。

 

でも、怖い事に日々の生活の中で起こる様々な要因によって、このホルモンのバランスが崩れてしまうことがあります。

 

その一つの要因が日々の食生活であると言えるんです。

 

人間は日々の食事から摂れる栄養素から、様々なホルモンや酵素などを体の中に作り出しています。

 

そして、ムダ毛が多い女性というのは、女性ホルモンの中でも「エストロゲン」の分泌が少なくなっているケースがあります。

エストロゲン

 

エストロゲンというホルモンは女性ホルモンの中でも非常に大切な役割を果たすホルモンですが、
悪い食生活を繰り返しているとこの大切なエストロゲンが減っていき、その結果知らない間に体の中でムダ毛が濃くなっているんです。

 

じゃ、どんな食生活をしているとエストロゲンが減っていくの?
これって知りたいですよね。

 

エストロゲンを減少させてしまう食べ物ってどんなもの?

例えば、分かりやすく言いますと、肉食ばかりする女性。
こういう女性の場合は、エストロゲンが減ってしまうと言われています。

 

肉は一般的にあ動物性タンパク質ですが、動物性タンパク質には男性ホルモンを優位にする働きがあります。

 

この結果、肉食が多い女性ほど、ムダ毛が濃くなっていく傾向があります。

 

最近、よく出てくる「肉食系女子」は、やはり普段肉食が多いですので、エストロゲンが減少していき、その結果、ムダ毛が増え、ムダ毛も濃くなっていく傾向があるんですね。

 

また野菜などもあまり取り過ぎない方がいい食材があります。

 

例えば、スタミナ系食材とも言われる「ニンニク」「ネギ」などがそうです。
これらの食材は男性ホルモンを増やす働きがあります。

 

夏場など、スタミナが不足している時には欠かせない食材ではありますが、摂り過ぎは女性ホルモンを減らしてしまうという事を覚えておきましょう。

 

その他の食材としては、以外だと感じると思いますが、「ブロッコリー」「キャベツ」なども女性ホルモンを減らす働きがある事が最近の研究で明らかになっています。

 

これらの食材は、普段からあまりガツガツと食べない方がいいという事を念頭に置いて下さいね。

 

でも、一週間に一度食べるくらいの頻度なら全く問題はないと言えます。
次に女性ホルモンを増やす食材をご紹介していきましょう!

 

女性ホルモンを増やす食べ物ってどんなもの?

女性ホルモンを増やすのに有効だと言われているのが、大豆製品です!
大豆には「大豆イソフラボン」というポリフェノールが含まれています。

 

この大豆イソフラボンは「女性ホルモンに似た働きをする」ということが最近の研究で明らかになりました。

 

という事は、普段の食生活で大豆を積極的に摂取すれば女性ホルモンの働きをサポートして、ムダ毛を減らす効果が期待出来るという訳です。

 

大豆を使った食材や料理は私たちの周りにいっぱいあります。
豆腐や納豆、味噌、もやし、おから、豆乳、湯葉などもそうですね。
わたしたちの周りには大豆製品が豊富です。

 

これらの大豆製品を積極的に取り入れることで、ムダ毛を減らしていきましょう。

 

また、大豆イソフラボンの働きを利用した化粧品も最近では市場に出回っていますね。
これらも肌に有効なのは言うまでもありません。

 

日常生活に和食を取り入れて、健康肌を目指す!

今日本だけではなく、世界的に和食が健康にいい食材をたくさん使っているという事で見直されています。

 

私たち日本人がその恩恵を受けることが最も出来る環境にある訳です。
数十年前から、日本人の食生活は劇的に変化したと言われています。
それは、和食から洋食に代わっていったとも言える訳ですね。

 

その結果、肉食が増えてしまった。

 

悪い部分だけではないですが、ムダ毛という観点から見れば、肉食を食べ過ぎた事によって体毛が濃くなり、ムダ毛も増えたのが今の日本人女性かもしれません。

 

ムダ毛の量をコントロールしているのはホルモンですが、ホルモンもバランスが大切です。

 

ホルモンのバランスを保つためには、食生活をバランスよくするのが大切です。
肉はたんぱく質ですが、大豆もたんぱく質です。

 

でも、同じたんぱく質でも、含まれているアミノ酸の種類が違います。
ですから、極端に食を変えてしまうのも問題があります。

 

例えば、肉食を完全にやめて大豆食品しか食べない、これは栄養バランス的にも良くない事です。

 

肉の食べ過ぎは体の中に動物性の脂質が増えすぎてしまうので、おすすめできません。

 

かと言って、全く食べないのも栄養が偏ってしまいます。
何事もバランスが大切なんですね。
大豆製品も摂りすぎには注意が必要です。

 

大豆イソフラボンを摂取することによってエストロゲンの働きをサポートできますが、摂りすぎると、乳がんなど
女性ホルモンに関係する癌になりやすいことが分かっています。

 

じゃ、一日どれくらい摂ればいいの?
摂取量の目安があれば分かりやすいですね。

 

大豆イソフラボンの摂取量は1日70~75mgまで。
豆乳なら毎日コップ1杯半、納豆だと一日2パックまで。
この辺りが妥当な量です。

 

結局は、何事もバランスが大切だということ。
その上で、私がオススメしたいのが和食です。

 

和食って世界遺産に登録されているんですよ。
和食を日々の食生活に取り入れる事が出来れば、肉を食べる量が減ります。

 

逆に大豆製品を良く食べるようになります。
栄養バランスが整うので、簡単に健康的な食生活に改善できるんです。

 

日々の食生活を洋食中心から和食中心に改めると、色々な面でプラス面が多くなります。

 

世界が注目している和食を私たち日本人が率先して食べていきましょう!

 

大豆

 

 

 

 

当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ