全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

抑毛に効く食べ物の知識|日々の食事で身体のバランスを整える!

抑毛と食材

 

今回は脱毛と食べ物について考えてみたいと思います。


毎日何気なく摂っている三食の食事ですが、実はこれって健康を維持するのに非常に大切な役割を果たしています。


中国では「医食同源」という言葉があるくらい、普段の食事って大切なんです。
スポーツ選手ともなれば、食べることもトレーニングの一つです。


スポーツの場合は、選ぶ種目によっても食べる種類は変わってきます。


例えば、瞬発力を必要とするスポーと、持久力を必要とするスポーツとでは食べるモノは変わってきますし、食べ方も変わってきます。


それだけ毎日食べる食事というのは、体に与える影響が大きいという事なんです。
脱毛についてもしかりです。


ムダ毛が生えてこないようにしたいという事であれば、それなりの食事をする必要も出てきます。
今回は、ムダ毛が生えてこないようにする為の食事についてお伝えしていきますね。

毎日の食事に取り入れたい食物!脱毛に効く食べ物って何?

ムダ毛除去 女性の中でも元々が毛深い人、あるいは自己処理してもすぐにムダ毛が生えてくるという悩みを持っている人は少なくありません。


まだ脱毛サロンに通っていない女性であれば、毎日孤軍奮闘して、ムダ毛を剃ったり、場合によっては抜いたりというムダ毛ケアをしている事でしょう。


前段でもお伝えしていますが、実は毎日の食事もムダ毛に大変影響しています。


食べ物で抑毛効果がある!なんて言ってもすぐには信じられないと思いますが、長期的にバランス良く体の中に摂取する事で抑毛効果が期待出来る食品があるんです。

 

知っておきたい食物とホルモンの関係!

女性ホルモンと食材
体毛と食べ物の関係は、実は深い部分で繋がっています。
食品から取り込まれた栄養素は、体の中で血や肉になり身体全体を作っていきます。


それと同時に体の中のホルモン分泌にも作用しています。
ホルモンは体のさまざまな機能に影響を与えていますが、体毛の生え方にも影響しています。



ホルモンの中でも、特に性ホルモンは非常に重要な役割を占めます。


人間の場合、男性ホルモンが多くなると体毛が濃くなり、女性ホルモンが増加すれば体毛は薄くなるからです。


特に運動習慣がないごくごく一般的な女性の体の中でも、日々ホルモンの分泌状況は変化しています。


日々のちょっとした変化によってホルモンバランスの乱れが生じて、男性ホルモンが増加したり、女性ホルモンが少なくなったりすることがあるのです。


現代社会では、ダイエットやストレス、食生活の乱れが原因で女性ホルモンが減少する女性は少なくありません。


様々な環境の中で、多くのストレスを生み出しているストレスフルな環境の中で、女性の「オヤジ化」という言葉あるくらい、女性の男性化にも注目が集まっています。


ストレスを自分の中で上手く処理出来ずに、溜め込んでしまった結果、体毛が増える、濃くなるなど「体の男性化」が起きてしますのです


では、女性ホルモンが少なくなってしまったら、どうやってケアしていけばいいのでしょうか?
実は意外にも、食べ物でホルモンのバランスを整える事が出来るんです。


女性ホルモンに似た働きをする栄養素を摂ることで、体のホルモンバランスを整え、男性化した体を元に戻すことができます。


では、いよいよ本題に入っていきましょう!

 

毎日の食事に取り入れて体のムダ毛を抑毛する食品とは?

GI値を表した食品郡

実際のところ、どんな食べ物にムダ毛を薄くする効果があるのでしょう?
女性ホルモンを増やすという観点で言えば、大豆製品や豆乳は抑毛効果のある食品の代表格です。


大豆や大豆製品に含まれるイソフラボンは女性ホルモンによく似た働きをし、体の中で少なくなってしまった女性ホルモンの代わりをしてくれます。


豆乳ローションが抑毛に良いなどとよく言いますが、体の内側からも効果があるということですね。
また、他にはGI値の低い食品がおすすめです。


GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、その食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計った値の事です。


ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として、相対的に表されています。
このGI値が低ければ低いほど血糖値の上昇が遅くなり、インシュリンの分泌も抑えられるのです。


ですから、血糖値が高い方はGI値が低い食物を食べることが必須になります。
さて、食品に話を戻しますね。


GI値が低い食物で、私たちの身近にある食材として良く知られているのは、例えば玄米、ひじき、ホウレンソウといった食品たちです。


これらの食品はビタミンも多く含まれており、ホルモンバランスが乱れると起こりやすい肌荒れのケアにも効果は発揮します。


意識して摂りたいオススメ食材ともいえます。


なぜGI値の低い食品がいいのかというと、GI値が高ければ高いほど、その食品は体内の血糖値を上げてしまいます。



血糖値が上がるとインシュリンが大量分泌され、男性ホルモンの分泌が活発になります。
その結果、体の中で男性ホルモンが増え、体毛も濃くなってしまうという訳です。


GI値の高い食品は炭水化物を多く含む物や、糖度の高いものが多くなっています。
特に手軽に食べられる菓子パンや、イモ類、砂糖を多く含む食品は要注意です。


女性の中には甘いものが好きな方が非常に多いですよね。
最近ではスイーツなどもテレビでも毎日のように紹介されています。


でも、スイーツなどの甘いものの食べ過ぎはムダ毛を増やす遠因になっているんです。
また毎日食べている白いご飯。白米のことですね。


白米の食べ過ぎも健康上あまりいいとは言えません。


これは知っておいて欲しい知識ですが、俗に言う「白いもの」は、摂りすぎると健康にはあまり良いとは言えないんです。


例を挙げれば、白米、砂糖、ジャガイモなどのイモ類、アイスクリーム類、麺類などですね。



日頃忙しいからとつい手をのばしてしまいがちな食品ですが、もしかしたらそれがムダ毛を増やす原因になっているかもしれません。

毎日の食べ物が体を作る

日々の食事は健康を維持する上で非常に大切な役割を果たします。
血や筋肉といった体の基本的な部分はもちろん、髪や肌なども食べ物の影響を受けています。


ムダ毛を抑制する効果のある食べ物は、言い換えると女性の体の調子を整えてくれる食べ物でもあります。
ぜひ抑毛効果のある食べ物を食卓に上手に取り入れて、食事の面からも脱毛して欲しいですね。

 

いかがでしたか?今回は少し難しいお話だったかもしれません。


でも、結局全身脱毛サロンに通って、ツルツルのお肌になったとしても、その後は自分でその体を維持する努力をしていかないといけないんです。

 

その為には最低限の知識も必要になってきます。
是非、日々の食生活にも多少は気を配りたいものですね。

 

 

当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ