全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

妊娠したと分かっても脱毛しても大丈夫なの?

妊娠中脱毛
今回は妊娠中の脱毛に関してお伝えしていきます。
この問題は女性であるなら、切っても切り離せない問題です。


せっかく脱毛に通い始めても、その途中で妊娠している事が分かった。
さあ、どうしようという状況は20代~30代の女性であれば、どなたでも考えられます。


まるで知識がないのと知識があるのとでは全然違ってきます。


脱毛に通っている女性の年齢層を考えると、脱毛に通っている時に妊娠することも十分考えることが出来ますね。その時になって慌てないようにしっかり理解しておきましょう!

 

妊娠中の脱毛の施術について

妊娠中脱毛NG
妊娠している時に脱毛の施術を受けることは、基本的に禁止されています。
今現在妊娠されている女性は、脱毛する事は出来ません。


また、脱毛に通い始めた時に妊娠していなくて脱毛に通っている間に妊娠した場合は、しばらくは脱毛を休止する必要があります。


もし脱毛の途中の妊娠が発覚したら、正直にサロン側に伝えて下さい。
そして、休止の手続きを取ることをオススメします。


次に妊娠中に脱毛してはいけない理由についてお伝えしていきます。

・脱毛効果が得られない可能性がある


妊娠中はホルモンバランスが崩れます。
それによって施術を受けても十分な効果が得られない場合があります。


サロン側としても、このようなトラブルを事前に回避する為に妊娠中の脱毛は禁じられているのです。


・肌トラブル等のリスクがある

妊娠中肌リスク

妊娠している時は肌がとてもデリケートになります。
肌が敏感になっているので、そんな状態の肌に照射すると肌トラブルを起こす可能性が高まります。


また、施術している時に気分が悪くなるなど体調面でのリスクも考えられます。


ただ、脱毛器の光そのものは人体に対して有害なものではありません。
妊娠中の光脱毛がお腹の中にいる胎児に影響がある訳ではありません。


ここは重要な事なのでしっかり覚えておきましょう!


妊娠中の光脱毛は、ホルモンバランスの影響でいつもより肌トラブルが起こる可能性が高まるので、危険を避けるために休止しましょうという事なのです。


妊娠中の多毛化は気にしなくて大丈夫!


妊娠すると、一般的に体毛は濃くなります。原因は、毛周期が変化するためです。
妊娠中の毛周期は通常の時とは異なり長くなります。


その為に、普段ならとっくに抜けていたムダ毛が長く残っており、次のサイクルのムダ毛も生えてくるため、パッと見た感じはいつもより毛が濃くなったように見えます。


ちょっと嬉しいのは、妊娠中は頭髪も増えます。


逆に出産後は、妊娠中に増えていた毛髪が抜けていきます。
産後に抜け毛で悩む女性は多いのですが、これは妊娠中に一時的に増えていた毛髪が抜けるだけです。


出産後に通常の毛周期に戻るので、妊娠中に蓄えていた毛髪が一気に抜けていくんですね。
という事は、体毛も同じであると言う事が分かりますね。


妊娠中は一時的に体毛が濃くなっていても、毛周期が正常に戻ることによって、元の体毛の状態に戻っていきます。戻る期間と言うのは人によって多少の幅はありますが、半年から一年の間に戻っていきます。


安心して毛周期が戻るのを待っていて下さいね。


人によっては出産後一年くらい経ってもムダ毛が濃い、元に戻っていないと感じる人もいるかもしれません。


でも、それは元々それくらいの体毛があったという事です。気になる部分は再度脱毛に通って処理していきましょう。


産後は、今までにない体調の変化や生まれたての赤ちゃんのお世話でかなり生活のサイクルが変わります。


慣れない育児で精神的に大変な時期がしばらくは続きます。
ムダ毛が気になる所ですが、精神的にも肉体的にも落ち着いた時点で脱毛を再開すればいいと思います。

 

 

 

当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ