全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

医療脱毛にもある多くのリスクって何?

中吊り広告
私は毎日電車に乗って通勤していますが、最近は電車の広告の中でも脱毛の広告をたくさん見るようになりました。


脱毛サロンの広告もあれば、医療脱毛の広告もあります。


一般的には医療脱毛の方がリスクが少ないと受け止められているですが、決してそんな事はありません。
今回は医療脱毛のリスクに関するお話をしていきます。

 医療脱毛でもリスクはゼロではない事を把握しておく

医療脱毛のキャッチコピーとして安心・安全と謳っていますが、勘違いしてはいけないのは、これはリスクが全く無いという意味ではないということです。


もし何らかのトラブルが発生してもドクターがいるので即医療的な対応が出来ると言う意味なんです。2016y05m02d_134857230


まず認識しておきたいのは、脱毛という行為は、クリニックで手術を受けるにしろ、脱毛エステで施術を受けるにしろ様々なリスクが伴います。


まずは、リスクは必ず伴うという事をしっかりと把握しておきましょう!


報告されているトラブルの中で一番多いのが火傷です。


これはレーザーが黒色に反応して熱に変換されることを利用していることが原因で、通常は火傷するほど高いエネルギーで照射しないように細心の注意を払っていますが、日焼けで極端に肌が黒かったりするとその部位で熱に変換されてしまい、そのまま火傷になります。


ですから、医療クリニックにしろ脱毛サロンにしろ日焼けしている場合は手術なり施術をしない場合がほとんどです。


クリニックもサロンも火傷というリスクは背負いたくはないですからね。火傷の次にあるのはニキビができること(毛膿炎と呼ばれることもあります。)です。

 

これは脱毛の照射によって肌のバリア機能が一時的に失われるためです。顔まわりや、うなじ、二の腕などにできます。

 

ニキビができやすい体質の人は気をつけるに越したことはありません。対策としては、普段よりも保湿化粧水を多く塗布するなどの対策をしてください。


毛膿炎自体はニキビと一緒で2~3週間で治りますが、これも火傷と一緒で跡になることがあります。また医療脱毛だけのトラブルというのもあります。それは硬毛化や増毛化などのトラブルです。

 

エステサロンの脱毛では照射できないような産毛に対しても医療レーザーは反応するので、それらが増えてしまったり硬くなってしまったりする可能性があります。

 

そういったリスクに対して医療クリニックでは、再照射などの対応をして極力肌トラブルを防ぐようにしています。

 


クリニックでの脱毛は通常は永久脱毛が可能ですが、
脱毛サロンにはないリスクも伴うという事を理解しておいてください。

 

医療脱毛のリスク
リスクがあるのは医療脱毛も脱毛サロンも同じ。

医療脱毛の場合は、ドクターがいるのでトラブルが発生しても即対応出来るという意味でリスクが少ないという意味

 

 

 

 

当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ