全身脱毛サロン~料金&人気度で比較♪オススメ脱毛ランキング

ワキ脱毛をする前に知っておきたいケア方法|脱毛の効果を高める二つの方法

ワキ脱毛
若い女性でも脱毛を行う人はここ数年ですごく増えていますね。
その中でも一番人気の部位と言えば、やはりワキ脱毛です。


初めて脱毛する人がまずどこの部位を選ぶかと言うと、高い確率でワキになります。


何故ワキから始めるかと言うと、日頃から自己処理で面倒だと感じているのと、暑い時期にノースリーブを着たりするとやはり一番目立つ箇所であること、そして料金が安いという理由が挙げられますね。


ただ、いきなりワキ脱毛をするのではなくて、ある程度準備をしておいた方がスムーズに脱毛を進めていく事が出来ます。そして、その後の脱毛効果も期待出来るという訳ですね。


今回はワキ脱毛を始める前のスキンケアについてお話していきます。

ワキ脱毛を始める前のスキンケア


ワキ脱毛を始める際、サロンに通う場合に、事前に気をつけておきたいスキンケアについては以下の二点に注意して下さい。

○自己処理の中止

自己処理の方法によっては、せっかく脱毛サロンに通ったとしても、脱毛の効果を半減させてしまうケースもあります。


毎日のように自己処理している人にとっては、少し不安に感じるかもしれませんが、脱毛効果を最大限に出すためにも、ここは一旦自己処理を中止して頂きたいと思います。

まず、今すぐ中止しなければならない自己処理は・・・

・毛抜きを使った処理
・ワックスや脱毛テープを使った処理

この二点になります。


どういう事かと言いますと、これは、「抜く」タイプの自己処理の方法です。

自己処理デメリット
この抜くタイプの自己処理をすぐに中止しないとせっかく脱毛サロンに言っても十分な効果を得ることが出来なくなります。


抜くタイプの自己処理のデメリット!

①毛を抜いていると毛周期が乱れる

②肌トラブルが増える可能性が高まる

③毛穴に毛がないと脱毛器の照射をしても全く効果を発揮しない



特に③に関してですが、脱毛器は毛穴の奥にあるメラニン色素に反応させる必要があります。


ですから、脱毛サロンに行く際は、ムダ毛を残しておく必要があるんです。
それが行く前に毛抜き等で毛を抜いてしまっては、脱毛器を当てても全く意味がないということになります。


またそれ以外に注意したい自己処理の方法としては

・カミソリによるシェービング
・除毛クリーム

この二つの自己処理もなるべく行わない方がいいです。


自己処理を頻繁に行うと間違いなく肌へのダメージが蓄積されていきます。


それが原因で様々な肌トラブルに見舞われる可能性が高くなります。
そして、一番怖いのが脱毛サロンで行う施術にも影響が出てしまうことです。


施術を受ける際に、明らかな肌荒れや色素沈着を起こしている場合は、その部分には照射してもらえません。せっかく脱毛サロンに行っても、無駄足になってしまう場合も出てくるんです。


これだけはどうしても避けたいですよね。
忙しい中、時間を取って、予約を取ってサロンに通うんですからね。


また、肌の状態がそこまでひどくなくても、肌が乾燥していれば脱毛の効果も落ちますし、通常の場合よりも痛みが増す事も考えられます。


ワキの脱毛をするには、肌トラブルの無いキレイな肌でないとダメなんです。
抜くタイプの自己処理は一切やめましょう。


普段の自己処理もなるべく控えた方がいいので、ノースリーブや半袖の服を避けるなどの対処が必要になります。

毛抜きによる自己処理

保湿の強化を行いましょう

肌がきれいな方が脱毛の効果は高くなります。
また、肌の色も白ければ白いほど、脱毛の効果は高まります。


ワキに関して言えば普段は日に当たる場所ではないので、日焼けはしていませんが、自己処理の影響などで色素沈着がある場合などはケースバイケースで美白ケアも行って下さい。


脱毛に通う上であらかじめ行っておきたいのが、保湿ケアです。
普段から肌を乾燥させないという意識を持って下さいね。


肌が乾燥していると色素沈着を起こしやすくなりますし、その他の様々な肌トラブルの原因にもなります。


お風呂上りのスキンケアでは普段ワキまでケアしていないという女性も多いですが、脱毛前と脱毛に通っている間は、念入りにケアして下さいね。


欲を言えば、常に体全体を保湿ケアしてもいい位です。
それくらい、保湿は体にとって必要なケアなんです。


特にワキは皮膚が薄い部位なので、顔用の基礎化粧品を使ってもいいぐらいです。


顔用の基礎化粧品で高価なものを使っている場合は、少しもったいない気もしますが、やはり皮膚の薄い部分と言うのは、他の場所よりも入念なケアが必要です。


保湿をしっかり行っておけば肌のターンオーバーの周期も整い、丈夫な強い肌を育てることができます。
肌年齢と言う言葉がありますが、肌って自分で育てる事が出来るんですよ。

脱毛中の保湿ケア

アンチエイジングの為にも、是非肌を自分で育てるという意識を持って下さいね。
普段から手を抜かずに保湿ケアしておけば、お肌もきっと応えてくれます。


丁寧にケアしておきましょう。
ワキの脱毛をすることによって、その後の自己処理が随分と楽になります。


また相乗効果として脱毛が初めてという女性であれば、「脱毛ってこんな感じなんだ」と分かったり、ワキがキレイになって、その事で自分に自信が持てたり、積極的になれる場合もあります。


美って一言でいいますが、それは大変奥深いものなんですね。
あなたも脱毛によって更に上の美を目指しませんか?


肌状態が悪いせいで脱毛効果が失われることのないよう、脱毛に行くと決めたその日からしっかりケアしていきましょうね!

 

美肌作り

 

 

当サイトオススメサロンBEST5
銀座カラー
銀座カラー
キレイモ
通常
シースリー
全身脱毛
脱毛ラボ
※キャンペーン
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
銀座カラーVSキレイモ
pickupコラム
TOPへ